強み開発幸せづくりオンラインコースについて

ダメな私で成功する

強み開発幸せづくり 

オンラインコース

目次

日時

第二期生、近日申し込み開始

逆境は乗り越えられます。幸せは作れます。

わたし自身、誰も知らない海外に住んだり、想像もつかない業界で働いたり、死別を経験したり、人生やり直しだと転職を繰り返したり、再婚したり…と色々な経験をしました。

そんな時、わたしを支えてくれたのが、わたしが何を求めているのかを知ることと、自分の強みを理解して状況を察知して強みを使うこと、そして自分自身の人生の道を自分でつくる術です。

みなさんも困難な時代の中で、一生懸命生きていらっしゃると思います。でもその一生懸命をもっと楽にできたらいいですよね。

そのような気持ちで精一杯みなさんにコツをお伝えしたいと思っています。

一緒に自分自身の幸せを企画していきましょう!

こんな声が届いています。

MIMIさんのお人柄も魅力的です!

参加してよかったです!パートナーとの関係性が改善しました!

なんとなくモヤっとしていたのですが、何をすればいいのかが見えました!

Adventures4Life 強み開発幸せ企画室 室長MIMIのご紹介

image MIMI

ポジティブ心理カウンセラー協会認定ストレングス・コンサルタント。 元上場企業戦略企画担当。

長年、日本やイタリアの製造業のブランドやデザイン戦略を構築する仕事に携わり、イタリア・インドに住んだ。
海外で一度目の結婚の夫との死別を経験。イタリアでブラック雇用と戦った後日本に帰国。

今では二度目の結婚!日本で幸せな再婚生活を実現。夫とココロとソウセキという保護猫と暮らす。

逆境を越えてきた経験と企画者のスキルで強みを開発し、幸せを企画するサポートを行う。
東京出身。趣味はヨガとキャンプと読書

mimi@mimiadventures4life.com

このコースを受けて学ぶこと

1.ネガティブな経験さえも強みへと変貌。自分のポテンシャルに気づく!

自分の経験や立場でやってきたことを掘り起こして言語化していくことで、自分の中に眠るポテンシャルを見つけていきます。

2.なんとなく抱えているもやもやを明確にして、自分の本当の望みを見つける!

自分の抱えている隠れた願望をきちんと見える化することで、本当に望んでいることを明確にします。

3.ポジティブに生きる強みの活用方法と願いの叶え方を知る!

本当の思いや事実がわかったら、それを実行するだけです。あなたのそんな思いを叶える強みを活用するフレームワークで、自分の幸せを叶える術を知ることができます。

あなたなりの願望を叶える力のベースを作りましょう!

こんな方におすすめ

わたしには無理だと自分の失敗を気にして、昇進を諦めて過去にとどまってしまっている会社員の方。

日頃の業務の忙しさで全く自分のことを把握せずに与えられた目標のみを追っているバリキャリの方。

いつも夫と子供を支えてわたし自身を二の次にして頑張っているけれど、何か違うと考えているお母さん。

過去の自分の失敗の経験が大きく残り、これからの自分がどうも成功できないような気がする起業家の方。

このコースを受けた後どうなってる?

ネガティブな自分から、自己肯定感アップ!成功や幸せへと迷いなく目標を設定できるようになる!

自分の中に、知らずにあった豊富な資源に気づき、それを活用して幸せの実現の仕方を身につける!

自分のポテンシャルに基づいた幸せの道をあゆみ始める!

・ネガティブな思い込みや自分のもやもやにある、自分の本当の思いに気づく!

このコースの内容

1週間ごとに更新されるビデオ講義とワークシートで自分の強みを深めたり、目標を設定します。個別コンサルはそれをサポートしていうく形で行います。個別コンサルはZOOMで行い、別途個々の方々と調整をしていきます。

強みを深めるプレミアム :75,000円

VIMEOビデオ講義(計20分程度)×3週間+各種ワークシート+個別コンサル2回(強みの発掘&強みの活用)

未来へ進むスタンダード:60,000円

VIMEOビデオ講義(計20分程度)×3週間+各種ワークシート+個別コンサル1回(未来設定タロット&オラクル)

ベーシック:45,000円

VIMEOビデオ講義(計20分程度)×3週間+各種ワークシート

近日、第二期生募集開始!

こんにちは 👋
よろしくね。

願望実現!
強みを味方にするワークシートをメールニュース登録でプレゼント

スパムはしません!詳細については、[link]プライバシーポリシー[/link]をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次